プロフィール

渡部文一

ジェットスポーツ界の異端児として、道なき道を切り開き、フリースタイル競技で世界一に輝いたのが“BUN”こと“渡部文一”である。20代からこの世界へ飛び込んだ。普通の選手なら自らの身体能力や技の向上を目指す。しかし、渡部文一は違う。普通の選手では考え付かないことを行動した。それは、自らが理想とするマシン(艇)の開発を手掛けたのである。これが「フリースタイル選手兼ジェットエンジニア」“渡部文一”が誕生した瞬間である。その後、自ら開発したマシン(艇)で、4年連続で全日本チャンピオンへ、国内戦では16連勝、さらに日本人初となる2年連続(2007年、2008年)世界チャンピオンへ輝いた。その記録は、現在も破られていない。このような功績が認められ、2016年にジェットスポーツ界最高峰であるIJSBA(INTERNATIONAL JET SPORT BOATING ASSOCIATION)から日本人で4人目となる殿堂入りを果たしている。

選手引退後も艇に乗り続け、ジェットスポーツ界のイノベーターとして、選手の育成や艇の開発を行い、新風を吹かせている。

Fumikazu Watanabe, A.K.A "BUN"

渡部''BUN”文一の「ジェット」と「知識・技術」2つの幸運の出逢いが、

​フリースタイルの価値を新たなステージへ。

履歴

2012 タイトルタイトルタイトル

2011 タイトルタイトルタイトル

BUN FREESTYLEではBUNの各種メディア向けの取材依頼を承っております。BUNのストーリー、フリースタイル​、ウォータースポーツにご興味のある方は下記のフォームにご記入いただくかお電話にて問い合わせ下さい。尚、過去のプレスリリースなどを下記掲載致しますので取材材料としてお使い下さい。

© 2017 BUN FREESTYLE. All Rights Reserved. 

モデル
Please reload

Please reload

サイトマップ
Please reload

Please reload